Tinderの自己紹介文プロフィール例!マッチングしやすい書き方のコツを紹介

「ティンダーでマッチングできない!」
「tinderの自己紹介文の書き方が知りたい!」

その悩み、この記事で解決します!

編集長:近藤
はじめまして、ヘイラバ編集部です!

この記事では、tinderの自己紹介文の書き方のコツは、以下の通りです。

Tinderの自己紹介文の書き方のコツ6選

  1. 住んでいる場所を書く
  2. 仕事について簡単に触れる
  3. 趣味・特技を具体的に書く
  4. ネガティブな内容は載せない
  5. 目的やどんな人と出会いたいのかを書く
  6. 文量は3~5行にする

Tinderはプロフィール写真が9割と言われますが、自己紹介文も大事ですよ!自己紹介文が面白ければ、興味を持っていやすくなるからです。マッチング率UPにも繋がりますよ。

後ほど、上記のコツについて詳しく説明します。tinderの自己紹介文の書き方が知りたい人は必見です!ぜひ最後までお付き合いください。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。 「出会いは人をhappyにする」という理念の元、安心できる出会いのキッカケ作りに励んでいます。

Tinderの自己紹介文の書き方のコツ6選

Tinderの自己紹介文の書き方のコツ6選

Tinderの自己紹介文の書き方のコツは以下の通りです。

Tinderの自己紹介文の書き方のコツ6選

  1. 住んでいる場所を書く
  2. 仕事について簡単に触れる
  3. 趣味・特技を具体的に書く
  4. ネガティブな内容は載せない
  5. 目的やどんな人と出会いたいのかを書く
  6. 文量は3~5行にする

上記のコツを反映した例文を紹介します!

例文

はじめまして!○○に住んでいる○○です。

建設業で働いています。職場に女性が少なく登録しました。

趣味は映画鑑賞で、休日はよくAmazonプライムで邦画を見ます。

恋人探しているので、少しでも興味もった人は右にスワイプしてください!

メッセージでお話ししましょう。

以上のコツや例文を意識すれば、マッチング率がUPしますよ!以下で詳しく説明します。

(1)住んでいる場所を書く

例文

○○に住んでいる○○です。

Tinderの自己紹介文は、住んでいる場所を書きましょう。自分の近くにいる異性に会いやすいと思わせるためです。会うことを重視しているtinderでは書くべきですよ。

Tinderでは、自分と異性の位置情報が出ます。しかし、距離は「半径何㎞か」が表示されるので、近所なのか分かりづらいです。住んでいる場所を具体的に書くと、自分と異性が会いやすいかが分かります。その結果、会う想像がしやすくなりますよ。

Tinderの自己紹介文に住んでいる場所を書いて、マッチングにつなげましょう。

(2)仕事について簡単に触れる

例文

建設業で働いています。職場に女性が少なく登録しました。

Tinderの自己紹介文では、仕事について簡単に触れてください。仕事について書くと、自分の身元が伝わるので、相手に安心してもらいやすくなります。学生の場合は専攻などを書きましょう。

自己紹介文に仕事が書いてあるとあなたをイメージしやすくなります。マッチングアプリでは相手の素性が分かる方が安心できますよね。女性は特に男性がどんな仕事をしているのかを気にします。ハイスペックや高学歴の男性は、仕事をアピールとしても使えますよ!

Tinderの自己紹介文で、仕事や専攻について簡単に触れてましょう。

(3)趣味・特技を具体的に書く

例文

趣味は映画鑑賞で、休日はよくAmazonプライムで邦画を見ます。

Tinderの自己紹介文に、趣味や特技を書くと良いですよ!話のきっかけにしやすいからです。なるべく具体的に書きましょう!

tinderのメッセージではよく「普段何してるの?」と話題になります。自己紹介文に話題のタネがあると困りません。趣味や特技は、特に話のきっかけにしやすいです。「趣味は音楽」ではなく、「このアーティストが好き」など具体的に書くのがベスト!話の合う人とマッチングしやすくなるからです。

Tinderの自己紹介文は、趣味・特技を具体的に書いて、話の合う人とマッチングしましょう。

(4)ネガティブな内容は載せない

Tinderの自己紹介文に、ネガティブな内容は載せないでください。例えば「性格悪いです」と書いている人とマッチングしたくないですよね。自己紹介文は、女性に興味を持ってもらうためのアピールの場として使いましょう。

「ブスです」「詐欺写メ使ってます」「性格悪いです」と載せている女性と会いたいとは思う人はいません。ネガティブな内容は、見た相手も暗い気持ちにさせるからです。また、デートした時に楽しく過ごせる想像ができないので、マッチングしづらくなります。

自己紹介文はアピールの場として使いましょう。女性に興味を持ってもらうきっかけにすると良いです。例えば、「笑わせるのが好きです」「友達によく優しいと言われます」などとポジティブなことを書きましょう。楽しく過ごせそう!と想像できます。

Tinderの自己紹介文に、ネガティブな内容は書かないでください。

(5)目的やどんな人と出会いたいのかを書く

例文

恋人探しているので、少しでも興味もった人は右にスワイプしてください!

Tinderの自己紹介文には、使っている目的やどんな人と出会いたいのかを書きましょう。マッチングしても、目的が違うとすぐにブロックされるからです。自分がどういう目的でtinderを使っているのか明確にしましょう。

恋活目的で使っている人にヤリモクがアプローチしても上手くいきません。恋活目的なら「恋人を探しています」。ヤリモクなら「セフレ募集中」。ママ活なら「ママ活目的です」と書きましょう。自己紹介文に書いておくと、目的が同じ人とマッチングできます!

目的やどんな人と出会いたいのかを書いて理想の相手とマッチングしましょう。

(6)文量は3~5行にする

例文

はじめまして!○○に住んでいる○○です。
建設業で働いています。職場に女性が少なく登録しました。
趣味は映画鑑賞で、休日はよくAmazonプライムで邦画を見ます。
恋人探しているので、少しでも興味もった人は右にスワイプしてください!
メッセージでお話ししましょう。

Tinderの自己紹介文は3~5行にしましょう。tinderに長い文章をじっくり読む人は少ないです。写真のほうが重要視されるからですよ。

Tinderで自己紹介文を長文にすることは避けましょう。Tinderは異性の写真をスワイプしていく方式なので、写真が9割と言われています。自己紹介文は写真に付け足す情報と考えましょう。付け足しの自己紹介文が6行以上もあったら読むのに時間がかかりますよね。

反対に「○○住み/ネコ好き」などと短すぎるのもNG!1行の自己紹介文では相手の素性が分からないため、不信感を覚えます。女性は不信感を感じる人を避けるのでマッチングしづらくなりますよ。

これまでお伝えしたコツを意識して、Tinderの自己紹介文は3~5行にまとめましょう。

まとめ:tinderでモテる自己紹介文を書いてマッチングしよう

tinderでモテる自己紹介文を書いてマッチングしよう
いかがでしたか?

今回は、tinderの自己紹介文の書き方をお伝えしました。

Tinderの自己紹介文の書き方のコツ6選

  1. 住んでいる場所を書く
  2. 仕事について簡単に触れる
  3. 趣味・特技を具体的に書く
  4. ネガティブな内容は載せない
  5. 目的やどんな人と出会いたいのかを書く
  6. 文量は3~5行にする

この記事を見たあなたに素敵な出会いがあることを祈っています。

編集長:近藤
以上、ヘイラバ編集部でした!