マッチングアプリで怖い思いをする危険性!体験をもとに会うときの注意点を紹介

「マッチングアプリにはどんな危険があるの?」
「マッチングアプリは怖い目に合わないか不安…」
「マッチングした人と会う時の注意点が知りたい」

その悩み

この記事で解決できます!

編集長:近藤

はじめまして!

編集部員は全員マッチングアプリユーザー!

ヘイラバ編集部です。

出会いは欲しいけど、マッチングアプリは怖い人がいないか心配ですよね…

今回は、恋活・婚活アプリで怖い思いをしないための注意点についてご紹介します!

この記事を見れば、マッチングアプリで怖い経験をすることなく、安全に出会えますよ!

マッチングしたけど会うのが不安!という方は必見です。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。 「出会いは人をhappyにする」という理念の元、安心できる出会いのキッカケ作りに励んでいます。

マッチングアプリで怖い思いをした人達のやばい体験談

マッチングアプリ怖い思いをした人

さっそく、マッチングアプリで怖い思いをした人や実際に会ってみた人の体験談を紹介します。

怖い目に遭った人がいないか、Twitter、Yahoo知恵袋、Google Playから口コミ・評判の調査しました!

例えば以下のような事例がありましたよ。

  • 身バレした、知り合いを見つけた
  • 写真と違う人が来た
  • ヤリモクだった
  • サクラや業者がいた
  • どんなやばい男性・女性がいたのか、実際に見ていきましょう。

    身バレした、知り合いを見つけた

    身バレした・知り合いを見つけたという体験談がありました。

    女性口コミ

    ペアーズをやけになって入れたんだけど
    大学の友達に即バレしてて悲しくなった

    出典:Twitter

    女性口コミ

    何人もfacebookの知り合いを見つけました。
    これが顔出しマッチングアプリの怖さ。

    出典:Twitter

    女性口コミ

    ペアーズ、身バレしたくなくて、顔があんまり分からないだろうなって写真選んだんだけど、知り合いからいいねが来て、ヒェってなってるなう
    まさかだけど、私ってバレてる?\(^o^)/どしよー(笑)

    出典:Twitter

    マッチングアプリで写真を載せるのが危険と思う原因の一つに、身バレや知り合いに見つかることが挙げられます。

    知り合いにマッチングアプリを使ってるのがバレたらなんとなく恥ずかしい気持ちになりますよね。

    またネットの人に自分の身元がバレるのは怖いものです。

    身バレ・知り合いバレが怖い人は、プロフィールに顔がはっきり分かる写真を載せるのはやめましょう。

    写真と違う人が来た

    マッチングした人と待ち合わせしたら、写真と違う人が来たという体験談もありましたよ。

    女性口コミ

    タップルで学んだこと
    1.顔写真とはほぼ違う人がくる
    2.写真通りでも勝手に想像してきた雰囲気と違う人がくる

    出典:Twitter

    女性口コミ

    昨日会ったペアーズの人、写真詐欺すぎてもはや笑ったww
    男性でこんなに詐欺れるのやばい笑
    デートなのに近所行くような格好で来たし歩き方なよなよしててもう連絡とることはないな。笑

    出典:Twitter

    女性口コミ

    ペアーズで知り合った人とお茶してきた。
    写真と違う人が来た。笑笑。

    出典:Twitter

    「マッチングアプリの写真が本物じゃなかった」と聞くと、会うのが怖いですよね…。

    今の時代、加工アプリを使うと簡単に別人のように顔を変えられるので、写真と実物が全く違う人と出会う可能性が生まれます。

    特に1枚目に設定されている写真は加工されていることが多いので、100%信頼しないよう注意しましょう。

    ヤリモクだった

    マッチングした人がヤリモクだったという体験談も多かったです。

    女性口コミ

    ヤリモクの方も多くSNS交換をしても卑猥な内容を送られることもありました。

    出典:Google Play

    女性口コミ

    ヤリモクの遊び男しか居ませんでした。
    公務員という看板で顔出ししてる男がホテルに行こうとLINEしてきます。
    家の近くまで送ってくれるという口実で自宅に連れていかれました。

    出典:Google Play

    女性口コミ

    Tinderしてる人って女の子はわかんないけど、男はほぼヤリモクだよね。 
    逆に健全な人いたらビビる

    出典:Twitter

    恋活アプリよりも出会い系アプリは、遊び目的のヤリモクが多いことが分かりました。

    また、マッチングアプリのイケメンはヤリモクそうで怖い…という女性の声も多いです。

    ヤリモクに引っ掛からないために、使用するアプリにも注意しましょう。

    編集長:近藤

    遊び目的で使用されることが多いTinderよりも、婚活・恋活目的で使われることが多いPairsやOmiaiなどのアプリがおすすめですよ。

    サクラや業者がいた

    サクラや業者がいた、実際にやりとりをしてしまったという体験談もありました。

    女性口コミ

    信じきってしまうあたしも悪かったのですが、普通にお話して時々定型文が多いなぁと怪しんでたのですが、ついLINEを交換してしまいました。
    すると、携帯が壊れたのでここにメッセして欲しいと言われ入ったとこが、お金を請求されるとこでした。

    出典:Google Play

    女性口コミ

    サクラは居ないと思いますが業者がいますね
    マッチングしてから外部サイトに連れとこうする業者がいますので気をつけてください。

    出典:Google Play

    女性口コミ

    登録してスグにマッチングし感じも良かったので、LINEへ切り替え。
    すると「実は迷惑電話・メールで困ってて今から携帯解約するから、個人のHPで繋がって欲しい」とのこと。
    疑いがあったので何度か確認し、一応信用して見てみたら、やはり別業者のサイトでした。

    出典:Google Play

    マッチングアプリでは男性女性に限らず、こういった怖い話を持ち掛けられることがあります。

    危険だと思ったら、すぐにブロックするなどして連絡を絶ちましょう。

    サクラと業者については後ほど詳しく説明しますね!

    ここまで、マッチングアプリでの怖い体験を見てきました。

    マッチングアプリでの怖い体験談

  • 身バレした、知り合いを見つけた
  • 写真と違う人が来た
  • ヤリモクだった
  • サクラや業者がいた
  • 編集長:近藤

    他にも、マッチングアプリで本人確認するのが怖いという声がありましたが、信頼できる運営会社であれば個人情報が流出するなどのリスクも無いので安心して大丈夫ですよ。

    マッチングした人と会う!怖い思いをしないための注意点

    マッチングした人と会うときに怖い思いをしないための注意点を教えてくれる女性

    ここからは、マッチングした人と会う時の注意点や対策を見ていきましょう。

    恋活・婚活目的でマッチングアプリを使っていても、いざ初対面の人と会うとなると怖いですよね。

    マッチングアプリへの不安を解消するために、注意点・対策を紹介していきます!

    • 身バレに対する注意点・対策
    • 写真詐欺に対する注意点・対策
    • ヤリモクに対する注意点・対策
    • サクラに対する注意点・対策
    • 業者に対する注意点・対策

    それぞれ詳しく説明していきますね。

    身バレに対する注意点・対策

    身バレに対する注意点や対策としては以下のことが挙げられます。

    身バレに対する注意点・対策

  • はっきりと顔がわかる写真を使わない
  • 名前を本名やイニシャルで登録しない
  • プロフィールの公開設定をする
  • マッチングアプリを使っていることが知り合いにばれたくない場合、プロフィール写真を顔がはっきり写っていないものにしましょう。

    顔全体ではなく一部が切れている写真も効果的です。

    身バレをしたくない場合は、自分が特定されやすいような文言をプロフィールからも避けておきましょう。

    編集長:近藤

    プロフィールの公開を限定できるアプリもあります。

    OmiaiやWithは無料で、Pairsやタップル誕生は有料ですがプロフィール非公開の設定ができますよ。

    写真詐欺に対する注意点・対策

    写真詐欺や写真と違う人が来ることに対しての注意点や対策は以下の通りです。

    写真詐欺に対する注意点・対策

  • プロフィール写真を複数枚載せている人に会う
  • 会う前に写メを交換する
  • 自撮り写真は信用しない
  • プロフィールのメイン写真を奇跡の1枚という人もいるほど、別人のように顔が変わっている可能性もあります。

    写真詐欺を防ぐには複数枚載せている人に会うのがおすすめです。

    また、会う前に写メを交換しておくと、会ってからがっかりしないで済みます。

    ヤリモクに対する注意点・対策

    ヤリモクを見分けるポイントをまとめました!

    ヤリモクを見分けるポイント

  • すぐに連絡先を聞いてくる、早く会おうとする
  • 初回のデートの夜、昼だと渋る
  • 見た目をやたら褒める
  • お酒を飲ませようとしてくる
  • ボディタッチが多い
  • このポイントに1つでも引っ掛かったら絶対にヤリモクという訳ではありませんが、注意が必要です。

    真剣に恋活をしている人にとってヤリモクには引っ掛かりたくないですよね。

    上記の見分け方を身に着けて、ヤリモクに引っ掛からないようにしましょう。

    サクラに対する注意点・対策

    マッチングアプリにサクラは存在しません!

    サクラはユーザーに課金させるため、アプリの運営会社が雇っている人のことを言います。

    出会い系アプリは従量課金型なので、ポイントを買わせるためにサクラを雇っている可能性があります。

    しかし、マッチングアプリはどれも月額定額制なので、サクラを雇うメリットはありません

    マッチングアプリを使う時はサクラに注意する必要はありませんよ。

    そのためサクラに遭遇したくなければ、出会い系アプリではなくマッチングアプリを使いましょう。

    編集長:近藤

    しかし、業者には注意する必要がありますよ!

    どういうことか、次の項目でお伝えしますね。

    業者に対する注意点・対策

    業者はマッチングアプリにも存在しています。

    業者は、マッチングアプリを恋活・婚活目的ではなく、課金サイトに連れて行きお金をだまし取ったり、マルチ商法に勧誘するための人集めをしています。

    しかしマッチングアプリの中にも、業者が多いアプリと少ないアプリがあるので、業者に引っ掛からないためには、アプリ選びが重要です。

    編集長:近藤

    With、Pairs、Omiaiなどは業者が少ないため、おすすめですよ!

    業者の見分け方については以下の通りです。

    業者の見分け方

  • 他のサイトやサービスに登録するよう誘導してくる
  • プロフィールでお金持ちアピールしている
  • すぐに会いたがる
  • すぐにLINEを交換したがる
  • プロフィール写真が美男・美女すぎる
  • プロフィール文に「副業」「投資」と書いてある
  • プロフィール文に37と書いてある
  • 職業が自由業である
  • 業者への対策としては、おかしいなと思ったらブロックするなどして連絡を絶つことが効果的です。

    まとめ:マッチングアプリで怖い思いをしないで、素敵な人と出会おう

    マッチングアプリで怖い思いをしないで、素敵な出会いを果たした二人

    いかがでしたか?

    マッチングアプリでのやばい体験談や、怖い思いをしないための対策をお伝えしました。

    恋活・婚活アプリで怖い思いをした人たちのやばい体験談について下記にまとめましたよ。

    マッチングアプリでのやばい体験談

  • 身バレした、知り合いを見つけた
  • 写真と違う人が来た
  • ヤリモクだった
  • サクラや業者がいた
  • 最後に、マッチングした人と会うときに怖い思いをしないための注意点・対策をまとめました!

    身バレに対する注意点・対策

  • はっきりと顔がわかる写真を使わない
  • 名前を本名やイニシャルで登録しない
  • プロフィールの公開設定をする
  • 写真詐欺に対する注意点・対策

  • プロフィール写真を複数枚載せている人に会う
  • 会う前に写メを交換する
  • 自撮り写真は信用しない
  • ヤリモクを見分けるポイント

  • すぐに連絡先を聞いてくる、早く会おうとする
  • 初回のデートの夜、昼だと渋る
  • 見た目をやたら褒める
  • お酒を飲ませようとしてくる
  • ボディタッチが多い
  • 業者の見分け方

  • 他のサイトやサービスに登録するよう誘導してくる
  • プロフィールでお金持ちアピールしている
  • すぐに会いたがる
  • すぐにLINEを交換したがる
  • プロフィール写真が美男・美女すぎる
  • プロフィール文に「副業」「投資」と書いてある
  • プロフィール文に37と書いてある
  • 職業が自由業である
  • 安全なマッチングアプリのおすすめはタップル誕生です。

    安全に使えるアプリで出会いたい!という人はぜひ試してみてくださいね。

    皆さんにステキな出会いがある事を願っています!

    編集長:近藤

    以上、ヘイラバ編集部でした!