寂しさなんて吹き飛ばせ!寂しい時のおすすめの過ごし方5選!

どうしようもなく寂しくなってしまうときがありますよね。寂しくなるような理由もないのに、突如としてその瞬間はやってきます。

寂しいときにはこれから紹介する5つの過ごし方をしてみてください。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。

(1)思い切って寝てしまう

寂しさがあなたを占領し始めたら、思い切って寝てしまうのも手ですよ。布団に入ったらすぐに目をつむって寝ようと試みてみてくださいね。寂しいからって布団の中に入ってまで悶々と考え込むことのないように。

朝を迎えて起きたら、昨日寂しい気持ちになっていたことなんて忘れていることでしょう。すがすがしい気持ちで1日をスタートさせることが可能です。

(2)気が済むまで泣く

寂しくてたまらなくて、涙が出てくる。それなら、気が済むまで泣いてしまうといいでしょう。

「私って今、寂しい気持ちになっているんだな…」と自分の気持ちに向き合うこと。そして思いっきり泣いてたくさん涙を流しましょう。

涙を流すことはかっこわるいことや恥ずかしいことではありませんよ。泣くことで副交感神経が刺激されるので、きっと落ち着いていきます。

(3)気になっていた映画を視聴

なにもせずただ部屋にいるだけでは、寂しさは解消されません。気になってはいたけれどなかなか視聴する機会がなかった映画を見てみましょう。映画に集中することで、寂しさを紛らわせることができますよ。

いっぱい泣いて、いっぱい笑って、心の中のモヤモヤをデトックスするのです。きっと見終わったときには、スッキリした気持ちになっていることでしょう。

(4)友人と電話で話す

寂しさを感じるときは、友人と電話で話してみるのもいいですよ。楽しい話をしていると、電話する前に寂しかったことなんてすぐ忘れてしまうでしょう。

もしなんでも言いやすい相手なら、「なんだか寂しくなっちゃって……」と話してみると、「わかるよ……そういうときあるよね!」って共感してもらえるかもしれません。

共感してもらえると、あなたの気持ちが救われますよ。

(5)体を動かして運動する

運動することで、寂しい気持ちを切り替えることができます。

ウォーキングや筋トレなど、思い立ったときに始められる運動がいいですね。運動に集中していると余計なことを考えなくて済みます。運動を終えたときにはすがすがしい気持ちになっていますよ。

寂しい気持ちを紛らわせるためだけではなく、ダイエットにもいいので一石二鳥ですね。

まとめ:もう寂しい時間なんて怖くない!

自分に合った発散方法で、寂しくなった気持ちを忘れ去ってしまいましょう。

すぐに寝てしまいたいのに寝られない……という場合にも他の過ごし方を実践!

運動の疲れや、泣き疲れなどで睡眠に繋がりやすくなりますよ。