彼氏がドキッとする「寂しい」時のLINEの伝え方5選!

寂しい気持ちを彼氏にうまく伝えてみませんか?

我慢していると後で感情が爆発して、大変な事態になり兼ねません。

彼氏の負担になりたくない気持ちがあるのなら、伝え方を工夫すればいいのです。

この記事では彼氏がドキッ!とする「寂しい」時のLINEの伝え方を紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。 「出会いは人をhappyにする」という理念の元、安心できる出会いのキッカケ作りに励んでいます。

(1)寂しいな…会いたいな…!

男性に何か伝えたいことがあるときには、まっすぐな言葉で伝えると響きやすいです。

寂しいときには「寂しいな…会いたいな…!」って伝えてみましょう。

女性は別の言葉で回りくどく伝えて、寂しいってこと察してよ!と思うかもしれません。でも、男性にとって人の気持ちを察することはとても難易度が高いことなのです。

シンプルがわかりやすく相手にまっすぐが1番伝わりやすいですよ。

(2)もうクタクタ!充電させて

「クタクタだから充電してほしくなっちゃった!」

こんな言葉で甘えられたら、男性はドキッとしてしまいます。男性も女性と会うことがパワーの源だったなら、さらに嬉しく感じることでしょう。

「19時にいつもの駅に集合しよ!」なんてハッピーなLINEをもらえそうですね。

彼氏はもう会いたくてたまらなくなっていますよ。

(3)ネタっぽく言うと重くならない

女性が懸念しているのって「寂しい」って言うと重いと思われるかも?ということでしょう。それならネタっぽく軽めに伝えてみると好印象を与えることができます。

寂しいのは彼氏だって同じなので「会おうよ!」と迫ってしまわないように。

気持ちは沈んでいたとしても、伝えるときは明るく伝えたほうが会ってくれやすいですよ。

(4)すごく美味しかったの!〇〇と行きたい

同僚とランチに行くと、どれも美味しそうなメニューだったらテンション上がりますよね。真っ先に浮かぶのが美味しそうにほおばっている彼氏の表情ではないでしょうか。

寂しい気持ちになっているときはとくに、彼氏とも来たいな…という気持ちになります。彼氏もこんなLINEをもらったら、すぐにでも行ってみたい気持ちになります。

きっと空いている予定の確認LINEをもらえますよ。

(5)寂しい気持ちが伝わるスタンプを送信!

寂しいときは、相手のことも色々気遣ってしまうだけに伝えることが難しいですよね。そんなときには寂しい気持ちが伝わるスタンプを送信するのも手です。

彼氏なりに、送られてきたスタンプに込められたあなたの想いを推測してくれます。スタンプの方が、余計な言葉で装飾されていない分伝わりやすいでしょう。

胸が苦しく切なくなった彼から電話がかかってくるかもしれません。

まとめ:伝えられるようになったら、もう寂しくない

寂しい気持ちになるのは、彼氏にうまく伝えられずに溜め込んでしまうから。

そして、うまく伝えられなかったことによって彼氏の反応が悪かったからです。

うまく伝え、彼氏に気持ちを分かってもらえたら、きっと満たされますよ。