告白はLINEでもOK?成功率を高めるテクニック4選!

LINEでも告白して成功させることができるかも!

直接会って告白できない人はこのテクニックを使って「OK」を貰いましょう!

今回は成功率を高めるLINEの告白テクニックを4つ紹介していきます。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。 「出会いは人をhappyにする」という理念の元、安心できる出会いのキッカケ作りに励んでいます。

(1)「明日伝えたいことがある」と前置きする

LINEで告白をするときには、前置きをしておくのがいいでしょう。

それというのもLINEは表情が見えないぶん、ただの話だとして流されていってしまう可能性があるからです。

そこで、相手に重要なことを受け止めてもらうための心の準備をしておいてもらいましょう。

「明日伝えたい」という思いは、自分の気持ちを整理しているようにも感じますので、きっと告白だと相手も理解してくれるはずですよ。

(2)恋愛の話や相手をほめる話題にする

実際に告白する段階になったら、想いを伝える前に空気感を盛り上げます。「この告白は本気です!」という想いを伝えるために、真剣なモードになるのです。

例えば、相手が仕事を頑張っていて、いい結果を出せたとき。相手を褒めてそれに対して茶化されたり冗談っぽくされても「いや、すごいよ。本当にそう思っている」というのです。

そうすることで、相手は「なんかちょっと違うな」とその本気度を感じ取ってくれるはず。信頼していることや、尊敬していることなどをほめていきましょう。

(3)「好きです」とまっすぐに思いを伝える

相手のことをほめてよい雰囲気を作ったら「好きです」と、想いをまっすぐに伝えましょう。

LINEでポエムのようなことを書くのはNGです。本気度が減ってしまう可能性や、温度差で冷められてしまう可能性があります。

なので、自分の抱いている相手に対する好意や想いをまっすぐに伝えましょう。

(4)2人の未来への想いを語る

2人の未来への想いを語ることで、自分の好きという感情はこれからも続くことをアピールしましょう。

「今は好きかもしれないけれど、それはどれだけ本気なの?」と相手は思います。なので、真剣に将来を見据えているのであれば、結婚を考えていると伝えるのも手です。

そこまで考えていなかったとしても「君と一緒に毎日を過ごしたい」というように、未来への希望を伝えてみてください。

この黄金の告白方法で、LINEでもOKがもらえるはず!

まとめ:LINEでも基本は直接告白と一緒!

LINEで告白をするにしても、結局は人と人のコミュニケーションです。

なので、相手の様子を感じ取りながら、誠実に一緒にいたいことをアピールしましょう。

それによって、相手もそれに見合った答えを用意してくれるはずですよ!