成功率が高い告白の仕方4選!あなたの気持ちが伝わる告白を見つけよう!

好きな人とイイ感じになってきたとき、どのように告白するか迷いますよね。

できれば成功率が高い告白の仕方で気になるあの人との未来を作っていきたいもの。

今回はコレをやれば付き合える告白の仕方を4つ紹介していきます。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。 「出会いは人をhappyにする」という理念の元、安心できる出会いのキッカケ作りに励んでいます。

(1)会えないときでも伝えられる「LINEで告白」

「LINEで告白」するのは若い人をはじめとして、意外と多くの人がやっている告白の仕方です。

会えないときも、好き合っているなら普段からLINEでつながっています。そんな最中に「付き合おうよ」とさらっと言ってしまいましょう。

ただし、普段の何気ない会話から突然いうのはNGです。LINEで告白するなら夜に「寂しい」や「会いたい」という気持ちが溢れてきたときにしましょう。

そうすれば、お相手から「OK」という返事がくるかもしれません。

ただし、直接会ったときに「もう一度言うけど、付き合おう」と伝えた方が盛り上がるので、LINEで終わりにはしないようにしてくださいね。

参考:告白の返事はいつまで待てば良い?ご紹介記事はこちら

(2)ムードを作って「会って告白」

「会って告白」するのは、告白の仕方で定番中の定番です。

直接会って重要なことをいうことで誠意が表されますので、デート中に伝えてもいいですし、さらに言えば「大事なことを伝えたいから」と会うのもいいでしょう。

後者の場合は、相手も「えっ、なんだろう!」と期待感を抱いて来てくれますので、会ったときにOKを貰える確率は上がるはずです。

そのときに、ムードを作って「あなたと一緒にいると楽しい」などの言葉も添えて告白をしてみてくださいね。

(3)あえて古風に「手紙で告白」

あえて「手紙で告白」するのも意外といいものです。
手紙で告白することのメリットは、相手がその手紙を何度も読み返せること。

「あの時こんな風に告白してくれたよね」と、最高の想い出の品になります。

さらに遠距離恋愛やお互いに忙しい2人でも手紙はピッタリです。LINEよりも肉筆の温かみが感じられるので、使われ続ける告白の仕方でもあります。

(4)感情が伝わる「電話で告白」

声が聞こえる「電話で告白」も成功率が高いものです。

電話は直接会えない場合の次の手段として使われる、誠意の高さの表れでもあります。そして、お互いの感情を声で感じることができるので、伝わりやすさも文字よりもさらに上がります。

あなたが緊張して想いを伝えている様子に本気度を感じてもらえるので、成功率も上がるはず!

まとめ:自分に合った告白の仕方でOKしてもらおう

告白の仕方はさまざまですが、自分とお相手のタイプも考えて方法を選びましょう。

デート中や普段の連絡のときに「告白されるならLINEでもアリ派?」などと聞いてみるのもGoodですよ。

「OK」してもらえるように、頑張ってくださいね。