相手を傷つけない上手い告白の断り方4選!関係別の振り方を紹介!

意中ではない人から告白されたとき「NO」ということは決まっています。

しかし、どのような言葉で返事をすればいいのか迷うことがありますよね。

そんな時は相手に合わせて尊重しながら想いを伝えましょう!

この記事では相手を傷つけない告白の断り方を、関係別に紹介していきます。

この記事を書いた人
ヘイラバ編集部

異性とのステキな出会いを全力で応援する編集部。 編集部員はマッチングアプリなどで絶賛恋活・婚活中。

(1)友達に告白されたとき

友達だと思っていた相手に告白されたときは驚きが隠せないもの。そこで「ちょっと時間をくれ」というのは、相手に期待を持たせてしまいます。なので、保留したとしてもできれば3日以内に返事は伝えたいものです。

返事の伝え方としては「友達のままこれからも仲良くしたい」と伝えるのがベター。その時に軽い理由も添えてあげると納得してくれやすくなるはずです。

(2)職場の同僚に告白されたとき

職場の同僚に告白されたとき、返事をするときには丁寧にするように心がけて。

同僚だと同じような立場で話をする機会が多くなってしまうことから、告白されることもあるでしょう。

その場合は「NO」の意志を伝えながらも、仕事のパートナーやチームとして頑張っていきたいことも伝えるようにしてみましょう。

そうすれば、相手もぎこちないながらも今までと同じように接してくれるかもしれませんよ。

(3)職場の上司や取引先の人に告白されたとき

職場の上司や取引先の人に告白されたときは、とくに言葉に注意して返事をしましょう。断ることによって仕事に支障が出ないような形で伝えられるのがベターです。

ここで伝えたいのは3点。
「感謝」「ごめんなさい、付き合えません」「尊敬しています」というセリフ。この点を意識して伝えてみましょう。

断った後は仕事がやりづらいと感じるかもしれませんが、あなたができるだけ普通にしていることによって、相手も救われるはずですよ。

(4)元恋人に告白されたとき

以前付き合っていた人に復縁を迫られたときは、はっきりと「NO」と言うようにしましょう。

別れてからずっと考えていたと言われた場合、答えをあいまいにしてしまうと「OK」と取られてしまうことがあるからです。

その際には「もう付き合えません」と面と向かって言った方が効果的です。

ただし、この時も相手のことを尊重して「これから素敵な人に出会えるといいね」と伝えるようにしましょう。

まとめ:相手を尊重して自分の想いを伝えて

相手の好意に対して「ごめんなさい」を伝えるのはエネルギーがいりますよね。

でも、しっかりと誠意をもって伝えてあげることで、相手も次の恋へ進めます。

相手の想いを尊重して伝えてみてくださいね。